2008年12月31日

この後は、ダウンタウンみます。

2008年が今日で終わりになるみたいです。
まぁやがて12008年とかはくるんですけども。


そんなどうでもいいことは置いておいて、2008年を思い返してみると、25年生きてきた中ではあまりよくなかった年だなぁとか思ってます。
若輩の己がそんなことを言い切ってしまうのもどうなの、とか思うのですが、ここで2008年での大きな出来事を振り返ってみようと思います。

1つめ。遊戯王を引退。

たぶん遊戯王サイトより、このブログを見てくれている人というのは多いかと思います。自分がこのブログをはじめたのも遊戯が元ですし、ネットを通じてお知り合いの方ができたり、イベントと称して大会とか販売会場とかに行ったりもしました。大学4年+社会人2年は間違いなく遊戯王が自分の生活の軸とあったも同然だと思っています。
今でもショップとかで見かけるとついついチェックしてしまいますしね。(今日見かけた店で、アビスソルジャーが1200円買取で驚いたりとか)

2つめ。パチスロにハマる。

本格的にハマったのは今年でした。
攻略誌・子役カウンター・開店前から並ぶ・・・など、アマながらもプロっぽいことをやっています。
年間収支は…マイナスでしょうか。今年の前半が残ってないので、なんとも? ですが。
今後は細かい収支表とかつけていきたいな、とか考えています。


3つめ。柏営業所から、伊勢崎営業所へ異動。

今ではもう新しい職場にもなれ、派遣会社という苦しいところですが、なんとかやっています。
トータルで見ると異動してよかったと思っています。周りが年近い人が多いし、パワハラとかする上司もいないので。


このくらいか。
あまり長々書いても今年は終わりなので、来年はがんばりたいなとささやかな前向きな気持ちをこめてしめたいと思います。

来年もこの低俗なタイトルの日記をどうぞよろしくお願いいたします。

2008/12/31 竹ぼうき
posted by 竹ぼうき at 18:04| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

派遣V

先週の土日は栃木の那須塩原にてスキーに行ってきました。
また今度詳しく書ければと思います。

派遣話。

少し日があきましたが第3回目の派遣話。

第1回目は「派遣とは?」について。
第2回目は「派遣による中間マージンやお給料」について。

そして第3回目は「派遣会社」についてを書きたいと思います。
前回までで派遣会社は派遣社員の人を会社に紹介し、企業からのお金をもらい、そこから紹介料を引いた後、派遣社員の人にお給料を渡す……ということを書きました。

さて、派遣会社はいったい他に何をしているのでしょうか。


まず仕事を探している人に、仕事の内容を説明します。
時間・給料・業務内容・福利厚生など。
その後、人材を欲している企業へ、この人のプロフィールを送ります。個人情報などの兼ね合いもあり、当然氏名・連絡先などは伏せます。
その後、仕事を探している人は企業の現場見学をします。
このあたりの段取りや案内は全て派遣会社が行います。

希望者も納得の上で紹介が決まると次の段階に進みます。

次に紹介先の会社に合わせて、入職前教育というのを行います。
例えば事務系ならば電話対応の仕方、PCスキルなど。
製造系ならば安全な作業の仕方などです。

その次は通勤場所などにもよりますが、遠方の場合は住居の手配なども行います。
事務的なものでは派遣社員の契約書を作ったりします。
制服が必要なところではそれも用意したり。
製造系なら、ヘルメットや安全靴なども用意します。


さて、入職日。
ちなみに入職日前日には、最終の就業意思確認とか、明日の待ち合わせ場所を決めたりして電話連絡をしたりします。

で、入職初日は基本「立会い」として一緒に朝行きます。
そうして企業の担当者に紹介して、ここで初めて一段落します。

初日が終わるころ、また電話連絡をします。
これは1日やってみてどうだったか?
今後もやっていけそうか、を確認するためです。
これらを通称して竹の会社では「スタッフ・フォロー」と呼んでいます。

その後、2週間・1ヶ月・2ヶ月目には必ず連絡を取り、続けられるかどうかをスタッフフォローします。

一応流れとしてはこんな感じ。
この他、企業への請求書・派遣社員へのお給料計算などをします。


とにかく派遣社員の人が、長く働けるようにその裏方を持つ……みたいなもんでしょうか。
さて、次回最終回。

最終回は「派遣会社も楽じゃない」
ということで、苦労裏話何かを。
posted by 竹ぼうき at 00:03| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

派遣U

お米のイラストを美少女キャラにしたら、2ヶ月で1年間の売り上げを得た地域があるとか。
趣味って意味では人は金を惜しまないからな。
遊戯やってる人だって、「お金が無い」って言いながらでも強いカードがつくなら買う人は多い。
兎に角お金が回るなら、いいんじゃないの?


派遣話。

この間の続き。「派遣」というものはわかってもらえたと思うので、実際派遣会社を使うことで、どの程度のお金が回ってるのか、ということについて書きたいと思います。

実のところ、派遣の依頼内容により、かなり差はあるのですが大きく分けて内容は3つ。
1つはイベント会場での案内や、道端でプラカードを持ってたりする通称「イベント単発系」。これは企業から「1日だけ人が欲しい!」という時にスタッフを派遣するというものです。
こういう依頼の場合は、企業からの支払いを100としたら、スタッフに渡す金額は65〜70くらいです。まぁ、企業から1000円もらってるとしたら、650円〜700円くらいを払い、その差額が派遣会社に入ります。「取りすぎ」という人もいるかもしれませんが、大体そんなもんだと思います。

2つめがまさにニュースでもやっている自動車工場などで、2ヶ月〜1年とか長い期間勤める契約社員みたいな「固定長期派遣系」です。
こちらは、1度スタッフが決まれば、契約がある限り派遣会社の売り上げとなるため、派遣会社としてはあまり取りすぎないようにして、その代わり長くスタッフには勤めてもらうようにするのが常です。
これも企業から1000円もらうとするならば、大体800円〜850円くらいを払います。150円から200円が派遣会社に入ります。

3つ目がプログラマーや研究補助など、専門知識を持つスタッフの派遣。これは実際にスキルを持つ人が会社の中枢を担う仕事を任されるため、会社からは高い金額をもらうことが出来ます。こういう場合はもらえる金額も高いので、当然スタッフへのお給料も高くなります。しかし、割合で言うとやはりスタッフには60%程度しか行渡らないようになっています。

もし派遣会社で働いている人が、これを見ているならばあまり気持ちのよいものではないかもしれません。
自分のお給料が月収20万だとしたら、会社が派遣会社に払ってる額は24万くらいになるので、1ヶ月に4万円くらいが引かれているのですから。


さて、派遣会社というのがどういう会社かわかってきたのではないでしょうか。なんだかすごく悪いことをしているみたいです。

最後の第3回では実際に派遣会社がしている仕事、をお話したいと思います。
派遣会社の人はただ会社に座ってて、スタッフから差額を取っているだけではありません。
貴方の知らない裏で、いろんなことをしているのです。
posted by 竹ぼうき at 23:03| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

派遣のあれこれ

ニュース話。

そういえば何で今まで書かなかったんだろうとか思ってたのが、今のこの不況時代に騒がれている職の「派遣切り」ですね。

過去に数回書いていますが、竹の仕事はまさにこの派遣社員の方に職の紹介・給与処理などを担当している通称派遣会社です。
今日はこの「派遣」というものについて、イチ関係者としていろいろお話していこうと思います。

まず最初として、「派遣」とは?
というところから、説明します。

派遣の流れは仕事を探している人がまず派遣会社(竹の会社)に登録をし、そして人手が足りない会社(仮にA)へその登録の方を紹介します。登録した人はそのA社で働きます。
これが派遣です。

さて、仕事が終わって、A社は賃金を払うわけですが、その登録者が働いたことによる賃金を、登録者に直接渡すのではなく、派遣会社に払います。そして、登録者のお給料は派遣会社が決めて、派遣会社から登録者へと渡します。
この時、「紹介料」として派遣会社は中間マージンをとります。これが派遣会社の収入源となるわけです。

話は戻って、今騒がれている「派遣切り」を説明すると、現在不況で物が売れない時代となっています。
実は派遣会社というのは、昔は専門職(通訳や経理事務、プログラマーなど)がほとんどだったのですが、今は単純な作業だが人手が欲しい会社などが多いです。
ということで、ニュースで騒いでいるキヤノンや、いすゞなどがそうですね。あれは別に専門職でやっていた人ばかりではなく、中身は見ていませんが、「ネジをしめる」とか「倉庫から所定の部品を集めてくる」などの単純作業だけの仕事をしていた派遣社員の方も多いと思いますよ。

というわけで、不況で物が売れない→工場もそんなに物を作らない→人手そんなにいらない→派遣切り

という図になっています。
で、現在社員が一気に解雇されるのが問題になっているのは、そういう会社が1番解雇しやすいのが派遣社員だからです。
本来の社員を解雇するには、いきなり「来月で終わりだから」といってすぐ済むものではありません。1人1人と面談をして終了となる旨を説明し、退職の手続きをしなくてはなりません。それが会社というもの。
しかし、派遣社員ならば、派遣会社の担当者に1本連絡をすれば、派遣会社が、派遣社員に終了の旨を説明するので、「楽」とういうのがあります。それが現状です。

次回は上の説明で「派遣会社は多額の中間マージンをとって儲けている会社だ」というイメージが皆様に出来たと思います。

実際派遣会社って何してんの?
どれくらいもうけてるの?

というところの話をしたいと思います。
posted by 竹ぼうき at 20:30| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

しゃあまん

どうでもいい話。


すき屋という牛丼屋で「豚とろ角煮丼」みたいなのが新登場してたんで頼んでみました。
なるほど、角煮がたくさん入って美味しそう……と思いきや、4割くらいが大根としいたけでした。

確かに店のノボリとかにも小さく大根としいたけ入り〜みたいなのが書いてありましたが、多すぎじゃねぇか。

味をどうこういうつもりはありませんが、竹はもう頼みません。



漫画話。

ブックオフ行って、何か面白いのないかなーと思って探してたら見つけたのがシャーマンキング。(前書いたことあったけ?)

ラストが打ち切りってのは知ってますが、中盤とかどういう話か全然知らなかったのと、23巻までが100円で揃えられるというのが効いて、まず6巻まで買ってみました。
絵とか全然覚えてなかったんですが、想像以上にコレ、スタンドっぽいですね。
幽霊が自分と合体して戦うバトルモノってのくらいしか前知識はなかったんですが。

1巻でまん太が「サムライ対武人なんて聞いたこともないよ」みたいなセリフがあるんですが、武人って中国限定なモンなのかとか思ったんですが、それはどうでもいいですね。

今後も買ってみます。
posted by 竹ぼうき at 21:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

ハガキの日

そういえば結婚式の引き出物を今日開けたんですが、
豪華そうなアルバムが1冊入っていました。
最初はアルバムだけかぁ、とか思ってたんですが中を開けると、通販のカタログになっている。

どうやら、「この中からお好きなものを1つ選んでください」というようなものらしい。


これ、いいね。
お洒落な小物から、普段買わない調味料まで、いろんなのがある。
一応2ヶ月以内に同封のハガキを送らないと期限切れになっちゃうらしいんだけど、何選ぼう。


どうでもいい話。

今日会社の書類を速達で郵便局に出しにいったんだけど、
その時に置いてあったパンフレットの中に面白そうなのがあった。

何と自分の写真を切手化し、それがきちんと使える切手シートになるっていうものだった。
値段はちょっと忘れたけど、80円切手が6枚で1000円くらいだったかな(うろ覚えです)

興味ある人は郵便局覗いてみるといいかも。

posted by 竹ぼうき at 23:25| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意外なタイトル

短く。


今日昼過ぎにあんまり体調よくなく、熱っぽかったので、会社近くの病院に行ってきました。
どうしても仕事が忙しくて早退できないのです。

空いてて、診察はすぐに終わり、頭痛とかを取る薬を出してもらうことになりました。
待合室で会計をぐったりして待っていると、ふと端っこに本棚があったので目がいった。
よく婦人誌とか、絵本とか置いてありますよね。
ヒマだから婦人誌でも見てみるかな、とか思って近づいてみると意外に結構漫画があったんですよ。

まず、クレヨンしんちゃん


わかりますよね。お子様に人気です。


次にちびまる子ちゃん

わかります。


かりあげクン

まぁ、わかります。




まもって守護月天

Ω<えっ?


いや、マジで!
一瞬熱も引いたもん。

しかも1〜8巻くらいまであって、結構揃ってんじゃねーかっていう。
どんな客層が読むんだこんなもん。
posted by 竹ぼうき at 00:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

初めての結婚式

今日は同期入社の友達の結婚式に行ってきました。
実は結婚式に参加するなんて子供のころ以来です。

せっかくの機会なんで新しいスーツ買ったり、朝からコンビニに行って祝儀袋買ったり、まるで自分のことみたいに色々調べたりとかして行ってきました。

今回のこの友達は、入社した当時に工場で仕事している時、同じ現場で働いていたことから、ずっとその後も一緒でした。
カバンとか小物に結構お洒落なもの使って、さわやかな印象があると同時に、漫画やスロットに詳しかったり、ファンタシースターオンラインやろうぜ、と誘ってくれたりとインドア派な趣味にも精通しているある意味オールマイティーな彼でした。

半年後、彼は埼玉の川越営業所に配属となり、そこからしばらく連絡とってなかったんですが、今年の1月に行ったタイの社内旅行にて一緒となりましたが、全く変わってなかったです。

さて、挙式。
キリスト様式にて進行。
詳しく書いてもいいんですが、印象に残ったのは「意外と式は短い」ということ。大体30分くらいでした。もっと色々長くやるものだと思っていましたが、大まかには「賛美歌を歌う」「誓いの口付け」「指輪交換」くらいだったし。結構淡々と進むんですが、やっぱり入場の時は空気が変わるんだよね。
新郎だけが先に入り、その後新婦とその父親が入ってくる。
ヴァージンロード途中で、2人は止まり、新婦だけが一歩前に出て、そこからは新郎と一緒に進んでいく。
何気ないこの行動の一連の流れが、すごい感動する。あぁ、娘が父親の元から自立した瞬間ってわけですからねぇ。

帰る時も新郎・新婦が出た後、自分らも披露宴会場へと移動するんだけど、進行役の人が言った「ヴァージンロードを踏まぬよう、端から退出してください」とか、思わずなるほど、と思ったもん。言われなければそっちからつい出ていったかもしれない。
やっぱ結婚式って神聖なもんだ。

披露宴は食事メインです。
よくブーケを受け取った人が次に結婚する人〜みたいなのがありますが、今はそれの男性バージョンとかもあるのね。
いや、当たらなかったんですけども。花の変わりにカリフラワーでした。

新郎が式の始まりに話していた「あまりしんみり、としたものではなく、楽しいものにしたい」と話していたとおり、ベタなお涙頂戴のような話は少なかったですが、よい式だったと思います。

ゴメさん。
どうぞ末永くお幸せに。
posted by 竹ぼうき at 21:50| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

あらあら

いろいろニュースでもやってますが、今年の流行語大賞が「アラフォー」と「グー」に決まったそうです。


うん。

アラフォーって何?
ってことなんですよ。

調べると「アラウンド40」の略で、40歳前後(女性)の人をさす言葉らしいです。
今年の上期に同名のドラマもやってたみたいです。

具体的な意味はその頃の女性が、今後仕事に生きるのか、家庭に生きるのかなどわかれる最後の分岐点……みたいな意味みたいです。

まぁそういうのはどうでもいいんですが、これって流行ったんですかってことなんですが……。確かに竹は平日はテレビがほとんど見られませんし、新聞も最近読んでいません。
まぁ他に流行語になりそうなものも無かったですしね。
つか、流行語って無理して作るもんじゃないと思うし。
「グー」は知名度はありましたが、今となってはちょっと。

流行はいつか廃れるもの。
流行語に選ぶことイコール、それは廃れることを意味するのです。
そんな場所に選ばれたエドはるみさん。

あなたの来年の立場はどういったものになるのでしょうか。
posted by 竹ぼうき at 23:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする